TOPページへ.gif
 



★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!
あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!
あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」


 

「ir大学 〜 夢を生きる、幸せなお金持ちへの旅」



  ★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!
あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!
あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」



2007年06月02日
リクルートエージェントの無料転職支援サービス



初めての転職。

あなたはどうしますか?

求人雑誌やWebの求人情報を調べて、応募するという方は多いでしょう。

自分の会社は自分で探す。というのは大切なことです。


しかし、採用企業側の考え方は変わってきています

転職支援会社の紹介を通じて採用するパターンが増えてきています。
それは、なぜでしょうか?

転職者を採用するというのは、企業側にとってもリスクがあるのです。

当然、面接を行いその人物が自社に適しているかを判断するのですが、その手間は、かなりのものですし、転職希望者が多いと負担も大きくなります。

また、評価システムがうまくできているところも少なく、採用してみたら当初の目論見と大きく異なっていたということがよくあるのです。

そこで、転職支援会社のシステムを利用して、そのリスクを低減しようとする動きが増えています

最近のリクルートのような転職支援会社は、転職希望者に対して就職支援を行っています。

エージェントと呼ばれるスタッフが、転職者と接して、その人物のスキルや適正を診断して転職先を探してくれます。

つまり、企業側としてもあらかじめ素性や適正診断が済んだ人材が紹介されてくるために、判断がしやすく、リスクが下がるのです。

ですから、企業側は、積極的に転職支援会社からの受け入れを増やしていく方向となっています。

特にリクルートエージェント
などは、評価が高いシステムのひとつです。

実は、私の会社もここからの転職希望者を受け入れているのですが、ここは、エージェントが年収や職種などの条件を合わせるだけではなく、人間の力で、本人の適正を診断して紹介していますので、よい人材を獲得できる確率が高いのです。

ただし、企業側にとってひとつの難点は、「お金がかかる」ということです。

転職支援会社からの受け入れは、企業側にとって、結構な額での負担となるのです。

ただ、それでも最近は、できるだけ確実に希望の人材を得られる手段を取った方が無難であるとの考え方が主流ですので、転職希望者もそういったサービスを利用した方が、有利であるというわけです。

紹介実績No.1!リクルートエージェントの無料転職支援サービス


posted by やじさん at 13:11 | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職
2007年05月13日


【目的意識を持っているか?】
ただ今の会社が嫌だからとか、安定を求めているだけだとか、言われたことをこなしていこうと考えている人には、人事担当者は魅力を感じない。

いままで目的意識を持って、仕事をしてキャリアを積んで来たかを見ています。

たとえ転職回数が多くても、それらがキャリアアップになっており、この会社の利益となると判断されればマイナスではなくプラスとなる。

直接的な質問事項ではなくとも、面接官はあなたの言葉の端々から、これを読み取ろうとしている。


【問題解決能力はあるか?】
企業が新しい人材を求めるにあたって、ほとんどの場合、その会社にはない能力を求めることが多い。
いままで、どんな問題にチャレンジし克服してきたかという問題点の解決能力は、企業としても大きな判断材料となる。
たとえそれが、結果的に失敗であったとしても、その対応手段や考え方が認められれば、好印象となる。
積極的にアピールしたい。


【人柄はどうか?】
面接官も人間であり、採用するに当たってこの人物が自分の部下であったらどうするかを考えるもの。
自分の考えをしっかりと持ち、人の話をちゃんと聞ける人物には魅力を感じる。
たとえ実績があっても、それを自分だけの成果としか捉えられない人物は、会社に入っても組織を動かせない人物だと判断される恐れがあります。
自分自身のキャリアだけではなく、周囲をどのように巻き込んでプロジェクトを成功させたのかを話すようにしたい。



今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

お役に立ちましたら、


ランキング応援でクリックお願いします。
m(_ _)m

その1クリックが本当にやる気の源になっています。

どうか宜しくお願いします
m(_ _)m
posted by やじさん at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職
2006年11月07日
企業が中途採用募集を出すと、沢山の履歴書が送られてきます。

面接ができる人数は、限られていますので、その中のほとんどの人を落とさなければなりません。

こういった表現が良いかは分かりませんが、沢山の履歴書の中から面接まで残す人を選ぶときには、普通以下を落とすようにします。

つまり、はじめからだめな履歴書は当然ですが、当たり障りの無い履歴書も同時におとす用にするのです。

他の記事にも書きましたが、その企業がわざわざ中途採用をしようとしているのは、普通以上の人物が欲しいからなのです。

ですから、当たり障りの無い文章で書かれた履歴書には、魅力を感じません。


では、どういった内容を書けばよいのでしょうか?

具体的な文面は、あなたの職歴や企業によって変わりますので、ここでは、書きませんが、試験官が「この人物なら会ってみたい」と感じる内容を書くのです。

あなたの人柄や人物像、仕事ぶりが見えてくる内容を、「あなたの言葉で書く」ことが大切です。

人の文章を参考にするのは構いませんが、必ず「あなたの言葉」にして書いてください。

その企業のことを思い浮かべながら書いてみると、文面が浮かぶと思います。

どこの企業にも当てはまる内容では、企業側もあなたに会いたいとは思いません。



実は、面接も履歴書もテクニックがあります。

あなたが履歴書を送る相手は、採用のプロです。

プロに対するには、プロの支援が必要です。

登録は無料。サービスも無料。エージェントはプロ。

登録しない理由が見つかりません。

転職活動をする為に、まずは、確実な第一歩を踏み出して下さい。
↓ここから





リクルートエージェントの無料転職支援サービス
posted by やじさん at 00:14 | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職
2006年11月06日




↑ここをクリック



ここはお勧めです。必ず登録しておくべきサイトだと思います。

ご存知、リクルートの転職支援サイトです。

業界最大手ですので、情報量もNo.1と言えるでしょう。

プロが無料であなたの転職を支援してくれます。

このサイトのレビューを書きました。こちら








↑ここをクリック
転職専門雑誌「type」ならではの豊富な求人データー、ノウハウを生かした人材紹介を個別にサポートする新しいサービスを実施中。

IT業界から寄せられている求人情報は約2000件。そのうち、約50%はメディアに掲載していない、いわゆる「非公開求人」です。

無料登録で「未公開情報」をゲットしよう。転職専門ならではの情報とサポートが光っています。

【転職で年収が上がるなんて・・本当です【キャンペーン期間中!】【type】








↑ここをクリック
インディビジョン
日本最大級の総合求人情報サイトです!!

毎日更新される新着求人数30万件以上!
です。

日本でも有数の転職サイトをパートナーとしており、インディビジョン
ではそれらのサイトに一括で登録することができます







↑ここをクリック

★ジョブオールスター★

は、大手優良企業系列の人材サービス会社共同による転職・派遣の総合お仕事サイトです。

求人情報を掲載しているのは大手企業グループの求人情報を多く保有している信頼のできる、文字通りのオールスター企業ばかりです。

参加企業は、本当に大手優良企業です。なんにしろここは登録しておくべきです。





 

↑ここをクリック

最近テレビで良く見かける転職情報サイト「グッドウィル」。
一般に公開されていない優良企業への転職を希望される方必見!
です。

これも、登録しておくべきサイトです。

転職に必要なノウハウはここでGET!


さらに今なら、>>事前合格診断【無料】サービス<<
を実施中です。








↑ここをクリック

人材紹介転職『毎日キャリアバンク


毎日コミュニケーションズの人材紹介サービス「毎日キャリアバンク」です。

ここの特徴は、Web情報サービスでありながら、求人情報を閲覧できるだけではなく、各業界職種毎にキャリアコンサルタントがいて、転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供をしてくれるところにあります。

キャリアプランの提案から非公開求人の紹介、面接対策や待遇交渉まで、転職活動におけるほとんどすべての相談にのってくれます。

もちろんすべて無料です



posted by やじさん at 23:46 | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職
2006年09月12日
ゲンダイネットの記事に、転職に関する面白い記事が載っていたので、ご紹介します。

ここから


★団塊世代


●特定個人向けのサービスができる


 団塊世代の上の世代で転職に成功した人は、いままでと少し違う仕事をやっているケースが多い。前職に固執せずに半分は経験を生かし、半分は新しいことにチャレンジできるような柔軟性の持ち主だ。


「たとえば、年を重ねた経験を生かすことができるアドバイザーやコンサルタントなどです。直接お客を相手にする販売職などもいい。会社のための仕事ではなく、特定の個人のために役に立ったり、教えたりすることができる人は、先行きが明るいといっていいでしょう」


 実は、団塊世代に専門性を期待する企業は意外に少ない。サラリーマンとしての経験や能力が成長するのは、どんな分野でも入社後20年といわれ、それ以降は力量が衰えていく――。厳しいようだが、これが人事の常識なのだ。



●「知り合いの数」プラス「人間力」


 60歳過ぎると、ハッキリ言って求人は少ない。ハローワークを訪ねて、ガッカリするはずだ。


「定年後の就職で最後にモノをいうのは人脈です。役職などより、現役時代に築いた人とのつながりの中で声がかかることが多い。さらに、新しい職場で人間力を発揮できれば成功は約束されたも同然です」(大久保幸夫所長)


 人間力とは、新天地というフラットな人間関係の中で、互いに協力し、サポートし合い、上手に仕事を進めるチカラのこと。前の会社の経験やポジションをひけらかすようなタイプはペケだ。



★40、50代


●ニーズが高いのは新規事業開発経験がある40代前半


 40代後半から50代前半では、よほどのことがない限り転職を考えない方がベター。社歴25〜30年のこの世代は、ビジネスマンとして積み上げた経験を生かし、成果を出すときでもあるのだ。


「求人ニーズとしては、むしろ40代前半が注目です。条件は、しっかりしたマネジメントの経験者、新規事業・開発の経験者、あるいは社外の人から“彼はあの分野のプロだ”などといわれている人は、高い値段がつくはずです」


 ただ、1987〜1992年入社のバブル大量採用時代のサラリーマンはちょっと深刻だ。団塊世代に負けず劣らずの競争世代で、すでに社内で同期の間の差がハッキリついているからだ。


 彼らは、入社直後から会社の低迷期が続いたこともあって“経験不足の世代”とも呼ばれる。その中で市場価値が高いのは、多くの苦労をし、プロジェクトリーダーなどを経験した一部の人だけ。一見、マーケットバリューが高そうなこの世代も、変革を担ってきた人以外は会社にしがみつくしかないのである。

ここまで


どうやら、転職は早めに30代までが良いようです。
実力があれば、関係ないでしょうけれど。


転職は自分ひとりで可能だと思っていませんか?

確かに一人でも転職活動は可能です。

しかし、あなたが挑もうとしている相手(企業)は、採用のプロなのです。
そのプロにあなたの価値を認めさせて、少しでも良い条件を獲得する為には、プロのアドバイスが必要です。

日本一有名な転職支援サービスです。
登録は無料。サービスも無料。いつでもやめられます。

だから、登録しない理由はありません。

まず、一歩を踏み出してください。↓




リクルートエージェントの無料転職支援サービス




今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

お役に立ちましたら、


ランキング応援でクリックお願いします。
m(_ _)m

その1クリックが本当にやる気の源になっています。

どうか宜しくお願いします
m(_ _)m

posted by やじさん at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職
2006年08月26日


【質問1】
弊社に入社した際に、配属についての希望は何かありますか。


[解説]
志望動機を聞かれた後に、この質問が多い。

これは、志望動機が本物であるかを遠まわしに確認する意味と、しっかりとした具体性があるかどうかを確認しているもの。

いい加減に答えると、志望動機との矛盾をさらけ出しているようなものです。

事前に、自分の志望動機と部署のイメージをしっかりと結び付けておくことが大切です。

   

 


【質問2】
その仕事では、どこに難しさを感じましたか。
       どこが大変でしたか?


[解説]
前職について聞かれた後に、こういう質問が来ることが多いです。

あなたの、仕事に対する経験や問題点解決能力を確認する質問です。

真剣に答えることはもちろんですが、ここで気をつけたいのは、暗い印象を与えないこと。

難しさや大変さと言うと、会社への不満や人への不満など、外的要因のせいにしてしまう答えになりがちです。

そうなると、愚痴っぽく聞こえてしまうものです。

面接官は、あなたがどんな問題に直面し、その問題の原因をちゃんと分析しどう対応したのかを見ています。

ですから直面した問題についてあれこれ説明することよりも、自分がその問題をどう分析し、対応したかについて話しましょう。

そうすれば、前向きな印象を与えられます。




 



【質問3】
家族の方は、今回の転職についてどう思っていますか。



[解説]
直接、仕事の能力を尋ねる質問ではありませんが、私生活が安定していると言うことは、大切なことです。

「趣味は何ですか」「休みはどのように過ごしていますか」といった質問もありますが、これは、同時にその人物が物事に興味を持って暮らしているかを聞き出す意図もあります。








【質問4】
他社はどこを受けていますか。


[解説]
他の会社を受けているのは決して不自然なことではありませんので、正直に話したほうが良いでしょう。

ここで大切なのは、志望動機とアプローチしている会社とがずれていいないこと。

注意!
志望動機とまったく違う企業の名前や業種が上がると、疑われてしまいますので気をつけましょう。

本人は気がつかずに正直に話したつもりが、面接官には疑問を持たれる人が多いようです。

そして、「両方内定が出たらどうしますか?」と聞かれることも多いですが、迷わず「御社で働きたい」と答えましょう

決して、悩んだり、ためらったりしてはいけません。











【質問5】
何かご質問はありますか?


[解説]
初めての会社に入るには、必ず不安はあるものです。

従ってこの質問に「とくにありません」と答える人は、会社に関心がないと取られて可能がありますので、必ず何か質問するようにしましょう。

その際に、金銭的なことはタブー。

会社案内をみて疑問に思ったことや企業理念に対する質問がベター





今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

お役に立ちましたら、


ランキング応援でクリックお願いします。
m(_ _)m

その1クリックが本当にやる気の源になっています。

どうか宜しくお願いします
m(_ _)m


posted by やじさん at 00:27 | ◆サラリーマンの転職
2006年08月19日

退職理由は、必ずと言っていいほど聞かれる定番の質問です。

その意図は、その人物の人柄や物事の考え方、仕事に対する姿勢や問題点への対応能力、そして人間関係を一度に見ることが出来るからです。


回答は・・・。

第一の条件は、やりたいことがあるということ。

自分自身のキャリアアップを考えていることは大切なこと。

ただし、たとえキャリアアップのためだとしても、言ってはいけないことは、もとの会社の悪口。

どれだけ会社の悪口を言って、たとえ同情してもらえてもそこまでです。

採用にマイナスになることがあっても、決してプラスにはなりません。

なぜなら、どこの会社でも、不満な点は必ずあることを面接官は知っているからです。

もし、そこをアピールしたいのであれば、自分がどう改善してきたかを話す必要があります。

しかし、あまりお勧めはしません。
 
自分のやりたいことを何かを伝え、前の会社では、どこまで達成できてどうステップアップしたいのかを織り交ぜて話すようにしましょう。


今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

お役に立ちましたら、


ランキング応援でクリックお願いします。
m(_ _)m

その1クリックが本当にやる気の源になっています。

どうか宜しくお願いします
m(_ _)m
posted by やじさん at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職

その意図は、目的意識、仕事への意欲を確かめるために行います。

当然ですが、一つはこの会社を志望した理由が、必然的で目的意識を持ったものなのか、ただ、今の会社が嫌だったのか 
目的や目標がはっきりしていれば、意欲が高く仕事に前向きに取り組む人物とうけとられるので、困難な状況を克服できる能力があると評価される。


回答は

何がやりたいのかを話すことは当たり前ですが、一方的なのはいけません。

会社は、あなたのキャリアを採用したいのですから、今まで自分の学んできたことや経験してきたことの何が活かせるのかを整理して、それをどう活かしたいのかが大切。

そして、その業界の現状や、その企業が業界内でどういう位置付けにあり、そういう環境のなかで自分のこの能力や経験をどう発揮したいのかを
具体的に話すことが大切です。


今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

お役に立ちましたら、


ランキング応援でクリックお願いします。
m(_ _)m

その1クリックが本当にやる気の源になっています。

どうか宜しくお願いします
m(_ _)m
posted by やじさん at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職


【話し方】
 面接は限られた時間で相手を判断するもの、面接官もありとあらゆる感覚を研ぎ澄ましてあなたを観察してます。
 その人の人間性を見るにあたって、一番分かりやすいのは、話し方です。
 その人がどんな人生を送ってきたかは、その話し方を見ていると分かる物なのです。
 話し方で、その人物が言っていることが本当か嘘かを見ています。
 高飛車なのも良くありませんが、あまりへりくだった態度も逆に疑いを持たせてしまうので注意

【嘘】
 人事担当者はある程度、人を見る経験を積んできている人たちが多い。従って下手な嘘はすぐに見破られてしまいます。
 一つの嘘がばれてしまうと、そのほか何を言っても信じてもらえません。
 たとえ嘘をついていなくても、もじもじしたり、大げさに言ったりするとそう取られてしまうこともあります。
 ありのままを素直に話す姿勢が大切です。
 

【自分勝手】
どういった質問に対する答えもそうですが、自分勝手な理由に基づいた発言はマイナス。
自分をアピールすることは大切ですが、自分の想いを語る余り、自分勝手な印象を与えるのはいけません。
周りをどう分析した上で、自分の考えがどうであったかを伝えていければ、突飛な意見でも好印象を与えます。



今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

お役に立ちましたら、


ランキング応援でクリックお願いします。
m(_ _)m

その1クリックが本当にやる気の源になっています。

どうか宜しくお願いします
m(_ _)m
posted by やじさん at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆サラリーマンの転職
★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!
あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!
あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」
サラリーマンにお勧め相互リンク
!.gif自動車マル得知識 事故・保険・見積り
自動車保険見積り 愛車見積り 車検見積りなど、便利な見積りサイトをご案内。 あなたに最適な見積りサイトがきっと見つかります。もちろんすべて無料です。

抜け毛の原因を知って、シャンプー・ヘアケア!
髪の基礎知識を知って、疑問を解消! ヘアチェックやヘアケア方法も分かっちゃう!!






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。