TOPページへ.gif
 



★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!
あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!
あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」


 

「ir大学 〜 夢を生きる、幸せなお金持ちへの旅」



  ★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!
あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!
あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」



2006年01月23日
収入を上げる為に、共働きはとても有効です。
しかし、配偶者に収入があるということは、その収入に対して税金が掛かるということです。

配偶者控除や配偶者特別控除がありますが、それも収入に伴って減って行きます。

せっかく働いたのに、税金で取られた。

なんて、つまらないですよね。

では、どのくらいがちょうど良いポイントなのでしょうか?

以下は、年収1000万円以下のサラリーマンについてです。

まずは、配偶者の収入を段階的に分けて説明します。

《100万円以下》
これは、何も気にする必要はありません。
普通の扶養家族として認められます。

《100万円超〜103万円以下》
配偶者に住民税が掛かってきますが、
扶養家族として認められます。

《103万円超〜130万円未満》
配偶者特別控除の金額が、徐々に減っていきます。
さらに、本人に所得税が掛かってきます。

《130万円以上〜141万円未満》
配偶者自身で、健康保険や公的年金に加入する必要が出てきます。
従って、社会保険での扶養家族ではなくなります。

《141万円以上〜》
配偶者特別控除は受けられません。
扶養家族の扱いもなくなります。
従って、夫の控除はほとんどなくなります。


以上から考えると、もっとも効率の悪い所得は、
《103万円超〜141万円未満》のゾーン
ですが、
141万円以上でも、働けば働くほど税金が掛かるので、
中途半端な収入(145万とか150万円とか)はかえって不利になります。

従って、103万円以下(8万円/月)か200万円以上(16万円/月)が良いと思います。

奥さんがパートに出る程度であれば、むしろ100万円以下が何も考えずに
済みますので、それを目標にして、最悪103万円以下に抑えるようにするべきだと思います。


今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

お役に立ちましたら、


ランキング応援でクリックお願いします。
m(_ _)m

その1クリックが本当にやる気の源になっています。

どうか宜しくお願いします
m(_ _)m


なにとぞお願いします
m(_ _)m









posted by やじさん at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆節税しよう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!
あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!
あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」
サラリーマンにお勧め相互リンク
!.gif自動車マル得知識 事故・保険・見積り
自動車保険見積り 愛車見積り 車検見積りなど、便利な見積りサイトをご案内。 あなたに最適な見積りサイトがきっと見つかります。もちろんすべて無料です。

抜け毛の原因を知って、シャンプー・ヘアケア!
髪の基礎知識を知って、疑問を解消! ヘアチェックやヘアケア方法も分かっちゃう!!




他にも注目記事が一杯のトップページへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。